サブページメイン画像

  • HOME
  • お店コラム
  • #車の豆知識 花粉シーズン車についた黄色い汚れの正体は⁈ 福岡 筑豊 田川 エフテック

#車の豆知識 花粉シーズン車についた黄色い汚れの正体は⁈ 福岡 筑豊 田川 エフテック

 なんだこれは! 黄色いシミ地獄の車どうすべき? 花粉シーズンの車の汚れの正体

花粉シーズンには、クルマに黄色い汚れが積もります。雨がたくさん降れば流れることもありますが、ちょっとの雨だと、クルマ全体がウロコ状のシミに覆われることもあります。

こうした春の黄色い汚れは、車屋にとっても厄介な存在です。良くお客様に聞かれる質問ですが、

花粉シーズンに車につく黄色い汚れは、やっぱり花粉なのでしょうか?

この答えは

 車の表面の黄色い汚れは、だいたいが黄砂です。花粉シーズンは黄砂のシーズンでもあり、黄色い汚れは花粉と黄砂でおおよそ2:8です。

お客様が毛ばたきなどで落とした方がいいのでしょうか?と落とし方を聞かれます。

 黄砂は粒子が丸くなく、とがっているので、毛ばたきなどで上からさらうと傷つくことがあります。そのときにはきれいになっても、線状の細かい傷がつき、だんだんボディの光沢がなくなります。温水の高圧の水で洗い流すのがよいでしょう。

 もっといえば、触らないのが一番なのですが、フロントガラス視界が悪くなり危険なので、そうはいきませんよね。しかし、ワイパーで落とすとガラスに傷がつき、そのなかに油汚れが溜まり、それが油膜の原因になります。落とすなら、ウインドウウォッシャー液をたっぷり使ってワイパーするのがよいでしょう。

 雨上がりの地獄のシミはどうすればよいですか?

雨が降ると、ボディにウロコ状のシミがびっしりつくことがあります。これはどうすればよいですか?

 こうなると厄介です。濡れタオルなどでこすると、周りに砂が拡散し、傷だらけになります。高圧の水でもとれないことがあります。いろいろな成分が溶け出してシミになっているのですが、黄砂が主ですからスケール(石灰質)です。酸性のスケール除去剤が有効です。

【酸性のスケール除去剤とアマゾンなどで検索すると出てきます。】

 一方、花粉を落とす場合は熱が有効です。お店で落とす場合は業務用の機器でボディを加熱して落としますが、自分で洗車する場合は、70度くらいのお湯でシミをふやかすように洗うといいでしょう。


 フロントガラスにも黄砂や花粉は容赦なく付着する

春の花粉シーズンは、こまめな洗車が有効だといいます。「雨が降る前、もしくは雨のときに洗車するのがベストです。水と反応して汚れが固まるので、固まる前に落としてしまうのが一番」です。仮にシミになってしまった場合も、その上に汚れを降り積もらせないためにも、洗車するのが有効だそうです。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0947-47-4030
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

お店コラムの他のページ

カートに
入れる
気になる