田川郡川崎町 #中古車販売 平成 21年式 ヴェルファイア ダッシュボードがベタベタ. 納車前に交換 お店コラム004 福岡県 田川 エフテック エフテック

画像

  • HOME
  • お店コラム
  • #中古車販売 平成 21年式 ヴェルファイア ダッシュボードがベタベタ. 納車前に交換 お店コラム004 福岡県 田川 エフテック

#中古車販売 平成 21年式 ヴェルファイア ダッシュボードがベタベタ. 納車前に交換 お店コラム004 福岡 筑豊 田川

 20ヴェルファイア 12年経過車 内が高温になると!!

車内が極度な高温になる季節、ダッシュボードを触ると、何だかベタベタしている…なんてことはありませんか?このベタつきどうすればいいの?そして対処方法はあるのでしょうか?

 どんなクルマで起こる可能性がある内装のベタつき

今年も溶けそうぐらいの暑い日々が続いています、これは人にだけでなくクルマにも過酷な状況...... 外装の表面温度もブラックだったら触れません、車内の温度上昇が激しく、場所によっては100℃近くになると言われています。

車内に使われている樹脂部品やAV機器などは、こうした過酷な状況を考慮して造られていますが、どうしても起こってしまうことがインテリアのベタつき。暑い夏の日に起こりやすいのですが、ダッシュボードなどの表面が溶けたような状態になります。
そして、触った後は指紋が残ったり、酷い場合には部品自体が完全に変形したりします。こうした状態は、クルマの樹脂部品に限らず、電化製品や玩具などでも起きるのですが、その要因は何なのでしょうか。


クルマの内装部品の多くには樹脂が使われていますが、高級感やスポーティー感といった、色や質感を実現するために使っているのが、塗料です。さらに、樹脂やゴムの部品はある程度の柔軟性が必要です。樹脂ペレットを溶かして成型しただけでは硬すぎて、ちょっとした衝撃で割れたり破損したりします。そこで素材に可塑剤(かそざい)と呼ばれる油を混ぜて、部品の柔軟性を出すわけです。
この部品の中に含まれる塗料や可塑剤(かそざい)が熱などによる経年劣化によって溶け出し、表面や内部にベタつきを起こさせるのです。こうした現象を「加水分解」や「ブリード現象」と呼びます。

ベタつきは、主に古い国産車や輸入車で発生することが多いのですが、昨今でも高級車や輸入車で発生することがあるようです。いずれはどのクルマでも起こりうる現象ですが、質感がハイグレードなパーツや、触感がゴムのようなパーツほど加水分解が起きやすいでしょう。

 中古部品と交換

中古のダッシュボードにセンタースピーカーが付いていますけど以前はついていなかったためダミーになります

 工賃込み価格

新品の場合ダッシュボード 新品価格 税込み 9、0310円
新品交換工賃(ショートパーツ付け替込み) 2、3100円
合計11,3410円

中古の場合
ダッシュボード 中古価格 3、1900円
中古交換工賃 1、2800円
合計4,4700円

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0947-47-4030
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。


>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる