• HOME
  • 車検・整備
  • #修理事例 ダイハツ タント アイドリングストップしない 筑豊 田川 エフテック

#ダイハツ車アイドリングストップしない 筑豊 田川 エフテック

 エフテックでもアイドリングストップが効かないという相談が急増しています。

最近の故障相談といえば、

「アイドリングストップが効かない!」

というものが多いです。類似の相談でもエコアイドルのランプが点滅した。とかアイストップのランプが点いたとか。

アイドリングストップ関係の警告灯が点灯したので見て欲しいというケースですね

アイドリングストップが搭載されている車が増えてきたからこその故障ですね。

そもそもアイドリングストップってどうなのか?というところから。

意外と知られていないのは、アイドリングストップは複雑な条件をクリアした上で作動しているんですね

 ダイハツ車を例に挙げると取説のこのページが参考になれば幸いです

この条件をクリアしないとアイドリングストップしないんですよね。

タントの取説に書いてあります


アイドリングストップが有効になる条件は?


・エンジンが十分に暖まってる状態であること。
(寒い時期などはエンジンが暖まるまで暖機運転するといいのですが燃費がね


・トランスミッション(変速機)オイルが十分に暖まっていること。
(トランスミッションが暖まるのはエンジンより遅いです。暖機運転では暖まりません)


・エンジン冷却水の温度が高すぎないこと。
(真夏の渋滞時などや坂道を登り続けた後などは冷却水の温度が高くなります)


・バッテリーが十分に充電されてる事。
(近所のちょこちょこ乗りばかりの方や軽自動車の電動スライドドア付の方は充電量が足りなくなります)


・エンジン始動後に速度10キロ以上で暫く走行する事。
(走行しないと暖機運転や待機中と勘違いするみたいです。


・シフトレバーがDレンジである事。
(SレンジやBレンジではアイドリングストップしません)


・ボンネットが閉まってる事。
(前回りを軽くぶつけた車はボンネットが閉まっててもセンサーがずれてボンネットが開いてると判断されてしまうとアイドリングストップしません)


・運転席ドアが閉まってる事。
(バックドア周辺をぶつけたりしてると、ドアや骨格が変形して半ドア判定される場合があります。最近バックドアが半ドアの方が多い用です。この時はキーレスでロックもできません。)


・運転席のシートベルトを装着してる事。
(稀にシートベルトのカチャっと固定するバックルが故障してる場合があります、シートベルト警告灯が消えなくなりアイドリングストップしません)


・外気温が0度以上な事
(寒いとバッテリーの能力が弱るので再始動不可能が怖いのでアイドリングストップしません)
(北国の冬はアイドリングストップはしないかもしれませんね?)


・エアコンがフロントガラス曇り止めモードになってない事。
(アイドリングストップ中にガラスが曇ると困るからです)


・室内温度が快適な状態である事。
(エアコンの冷えが悪くなるとこの項目に引っかかります)


・車の全ての機能が正常で警告灯などが点灯してない事。
(故障してる車をアイドリングストップさせたら危険なので)
(普通に走行可能な車でもエンジンマークの警告灯が点灯するとアイドリングストップしません)


意外と以上の項目に合致せずアイドリングストップ出来なくなるケースが多いです。

 ダイハツ車でエコアイドル警告灯が点滅する原因として一番多い

エンジンをかけようとセルモーターが回った時に、バッテリー電圧がどこまで落ち込むかを調べています。

一定以上電圧がさがると、警告灯を点滅させるようですね。

詳しい数値は、確か7Vぐらいだったと思います。それを下回るとバッテリーが弱ってるからアイドリングストップできませんよ というメッセージをコンピューターが送ってくるのです。


それと、クランキング時に何V以下に何回なったかということもカウントしています。累積カウントが規定以上になるとやはり警告灯を点滅させる。

アイドリングストップの警告灯が点灯すると一番最初に疑ってかかっていいのがバッテリーです。

アイドリングストップ専用バッテリーと交換 色んなメーカーから発売されています。

 バッテリーを交換してからアイドリングストップしない⁇

ダイハツのアイドリングストップ[エコアイドル]搭載車は、バッテリー交換後にリセット作業を特にする必要がありません。自動的にバッテリー状況を監視し、アイドリングストップが開始します。通常のバッテリー交換作業でOKなんですよね助かりますね。
ただし、エコアイドルの警告灯が点滅している場合には、リセット作業が必要となります。(自動時に数回点滅してその後消灯するときもです)

リセット作業は、車上で行えるため、DIYでも可能ですね。助かります

 エコアイドル警告灯が点滅している場合のリセット方法

[ECU–B]と[BACK UP]のヒューズを 1 分以上取外してリセットします。
1分以上経過後、同じ位置にヒューズを差し込みます。
ヒューズボックスの位置やヒューズの位置は車両の取扱説明書に記載があります。


バッテリー交換やリセット作業後にレーザー停止 14E」が表示される場合
スマートアシスト初期学習が必要なため、以下 1~6 の復帰手順を行います。

1. IG OFF から ブレーキを踏みIG ON(エンジン始動)します。

2. ステアリングを左右いずれかの方向へ 10°以上操作し直進位置に戻します。

3. D レンジにしてメーター指示で 10km/h まで加速します。

4. ブレーキを踏んで一旦停止します。

5. ステアリングをほぼ直進位置に保った状態でメーター指示で 40km/h 以上まで加速します。

6. 40km/h 以上に到達後、その状態を 5 秒以上継続します。

以上を完了させ、再始動を行い、「レーザー停止」表示が消えていることを確認します。

これはお客様はわかりずらいですよね。
確認して作業していますが、もしバッテリー交換後アイドリングストップしないときはご相談ください。
ご心配でしたら整備工場でバッテリー点検をしてください。
最近のバッテリー診断機は内部容量までわかるのでバッテリーの状態を確かめることが大切です
点検して十分な電気容量があるのにアイドリングストップしないなら整備工場に相談です
意外な原因が見つかるかもしれませんよ

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0947-47-4030
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。


>> お問合せフォームはこちら

車検・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる