田川郡川崎町 2106【経営のヒント】コロナ禍で露わになったリスクの本質 エフテック

画像

  • HOME
  • 会社案内
  • 2106【経営のヒント】コロナ禍で露わになったリスクの本質

【経営のヒント】コロナ禍で露わになったリスクの本質

 コロナ禍で露わになったリスクの本質

自身が変化できないことがリスク

 新型コロナウイルス

新型コロナウイルス(以下コロナ)の世界的な蔓延が明らかになってから、1年半が経とうとしています。この間、私たちはさまざまな「変化」に直面しました。ほとんどの日本人にとって緊急事態宣言は初めての経験であり、「巣ごもり」なる言葉が当たり前に使われるようになりました。また、世界を見渡してみると、強制力をもったロックダウンにまで踏み込んだ国、都市も少なくありません。

 コロナへの対応

企業はコロナという変化に対応を迫られました。上図は日経BPが運営するCCL.が行なった「コロナショックと企業コミュニケーション」に関する調査から抜粋です。コロナで生じた課題への対応策を訊いています(トップ5を表示)。人と人との接触をなるべく避けて感染を防ぐという観点では、上記は望ましい措置といえるでしょう。しかしながら、今までと同じように働くための前提にすぎません。

 リスクとは外部環境の変化

考えてみれば、コロナ蔓延に限らず、リスクのほとんどは外部環境の変化によって生じます。景気の鈍化、金利の変化、天候不順……、こうした事柄に対して、企業側が直接的に働きかけて良い方向に向けることはできません。製薬会社を除けば、コロナに対しても同じことがいえます。そうした中で出てきたのが、上図の対応策の数々です。ただ、これらはマイナスにならないようにする努力です。

 リスク後の行動で未来は変わる

ここである宿泊施設が行なった対応策をご紹介します。ご承知の通り、宿泊施設自体がコロナでダメージを受けています。それでも足を運んでもらうために、大浴場の密を回避しようと独自のアプリを開発しました。大浴場入口に設置したセンサー内蔵のデバイスから、宿泊客は浴場の混雑具合をリアルタイムで知ることができます。コロナ禍の中で役に立つアプリですが、これは実はコロナが収束した後も役に立ちます。できるだけ混雑を避けてゆっくり入浴したいというニースがあるからです。変化に対し、いかに柔軟に迅速に対応できるか。この宿泊施設のように大きなリスクから変化し、結果的に組織として強くなることができるかもしれません。是非、参考にしてみてください。

 ⇦ラインでのお問い合わせはこちらから


★保険に関しての疑問は、些細と思われることでもご遠慮なくお電話ください。
有限会社エフテック
住所:福岡県田川郡川崎町田原1158-1
TEL:0947-47-4030 FAX:0947-47-4024
Mail:info@ftecq.co.jp

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0947-47-4030
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。


>> お問合せフォームはこちら

会社案内の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる